Amazon

メーカーと契約をして仕入れを行いAmazonで売る方法

メーカーと契約をして仕入れを行い
Amazonで売る方法

坂本よしたかです。転売ビジネスに入っての神髄ともいえる方法を今回みなさんに伝授します。この方法でガンガンメーカー契約をとっていくことで、あなたはせどりをするにも店舗に行く必要がない、私が「トップバイヤー」と読んでいる部類に仲間入りできるようになるでしょう。

シンプルかつ鋭利な角度でビジネスに切り込むこと。これは私がよく「勢で勢をつけよ」といっていることに通じます。今回のメーカー契約も、一般の「せどらー」とあなたが差別化して飛躍した成長を成し遂げるために必要なスキルのうちひとつと言っても過言ではありません。

契約というのは相手との交渉が必要不可欠となっています。私はあなたがどのような状況なのか知りませんが、あなたの状況によってメーカーは契約するしないの判断を下したりもするわけですね。

ですので、必ずしも契約が出来る。といった話ではありません。今回お伝えするのは、「きっかけはこの方法で切り込んでいくんですよ。」というところですね。

では早速、内容に入りましょうか。

メーカーによる出品規制の強Amazonで今後も販売を続けていく為には、 これからは上流仕入れが必須となります。

一口に上流仕入れと言っても、 ・メーカー仕入れ ・卸業者仕入れ ・プラットフォームのセラーからの直接仕入れ など、何種類かの仕入先があります。この中で、もっとも取引が難しいのがはメーカー仕入れになるわけです。 その次が、卸業者仕入れです。 プラットフォームのセラーからの直接仕入れは、 実質的に卸業者仕入れになるので同じと考えても良いかもしれません。

まずはじめに メーカーから直接商品を購入するためには 契約が必要な場合と、契約が必要ではない場合があることをご理解ください。

大きな会社は当然契約が必要であり 小さな会社ほど、契約が不要だったりします。 また契約を結んだり、代理店となると 毎月の販売ノルマなども出てくる場合もあるので、 代理店契約が必ずしも良いものとは限りません。

交渉方法は至って簡単です。 メーカーホームページに記載してある メールアドレスか Contact Us から送るだけです。 3流メーカーであるほど個人でも相手にしてくれるでしょう。 それが、例えば、 BOSEとかLEGO、Dysonなどの 大きなメーカーだった場合はどうでしょうか? メーカーホームページに記載してある連絡先に交渉したとしても、 良くて日本の現地法人を紹介されておしまいです。

メーカーからの卸価格はそのメーカーごとに全く違います。 すべてではありませんが、 一流メーカーになる程、卸値は高く、 三流メーカーになる程、卸値は安くなります。 もちろん、ロット数や取引歴にも左右されます。 メーカーやロット数によりますが、 小売価格の4割~8割が卸値と言われています。

今回の記事は以上になります。参考になりましたでしょうか。

坂本よしたかの転売ビジネス最新情報はこちら
↓↓↓↓↓
最新情報を受け取る

コメントを残す

*