坂本よしたか

転売初心者必見!仕入れ店舗大公開!

坂本よしたかです。

今日は坂本よしたかが実際に店舗仕入れで利用する店舗の種類についてそれ別に攻略方法やみるポイントについて解説いたします。利益に直結する内容になっていますのでしっかり確認してくださいね!では始めます!

・家電量販店

ケーズデンキ、エディオン、ヤマダテックランド、LABI
ジョーシン、ジョーシンアウトレット、ヨドバシ、ビッグカメラコジマソフマップ
などなど。

家電量販店は利益率10%~20%が仕入れ対象。中には 20%超える商品もあります。

基本的に値引き交渉しないと勿体ない!と考えてください。

店員を笑わせる方向で世間話を交えながら交渉してみましょう。

また、セールはオープンセールより閉店セールが熱いです。

私はワゴンで 1000 円以下のものは利益率が低いことから 2000 円以上~を見ています。

店舗独自の札の見方や、ワゴンの商品にも質があります。

例)エディオンのワゴンには新品ワゴンと処分ワゴンがあり後者だけを見ればいい。

例)値引き交渉して安くなったレシートを持って他の店でその値段にならないか交渉。

・専門店、ホームセンター

西松屋、赤ちゃん本舗、オートバックス、イエローハット、コーナン、コメリ、ダイキ
などなど。

専門店はチラシをチェックして利益ある商品を探すと効率が上がります。

店頭ではワゴン、特価札を中心に見て回りましょう。

また、それぞれにクレジットカードがある場合がほとんどでそれを利用するべきです。

ヤフオクなどで株主優待券を予め購入したりして、利益率をあげましょう。

また、ホームセンターに関して、

在庫取り寄せの対応や値引き交渉に応じてくれる店舗もあります。

無理な値引き交渉をせず、程いい関係性を構築するのがベストです。

・大型店、ディスカウントストア

イオン、イトーヨーカドー、トイザらス、GEO、東急ハンズ、LOFT
、ドン・キホーテなどなど。

坂本よしたか直伝 イオンで大量に仕入れをする方法こちら

大型店はセール情報をシュフーで予めチェックして行くと効率が上がります。

優待券や特価札や POP を組み合わせて利益率を上げていきます。

基本的に高回転のものをターゲットに薄利高回転での運用方向になります。

ブラックフライデーなどの大規模な全国セールで販売されている商材は
大幅な価格破壊の恐れがあり取扱いのリスクが大変高いです!

注意してください!

大型のセールの際に狙うのは、全国セールではない処分品です。

・リサイクルショップ

まず、古物を転売する行為には古物商の申請が必要になります。
その申請に全部で 2 万ほど費用がかかります。

申請の方法は最寄の警察署に行ったら教えてくれますので
そちらを参考になさってください。

【リサイクルショップ店舗例】
ハードオフ、ブックオフ、セカンドストリート、地方リサイクルショップ

店員のバイトの値付けが適当なお店は、かなりの有力な仕入れ先になります!

一見商品ばかりの取り扱いが基本となるので、目利き力を養う事が非常に大切です。

そのためにまず初心者のうちは中古に手を出さず家電量販店で新品のみを扱ってください。

そうすれば「自分の価値観を正すことができるようになります。」これが大変重要です。

坂本よしたかブログに書いたロフト編も仕入れの参考にしてみてください!
転売ビジネス仕入れ攻略 ロフト編

以上です。ご理解いただけましたでしょうか?

物販はビジネスで遊びではありませんのでこういったことは非常に重要になっていきます。しっかり覚えていきましょうね。

転売最新情報は、坂本よしたかのメルマガへ
↓↓↓
最新情報を受け取る

コメントを残す

*