坂本よしたか

せどり仕入れの前に知っておくべき知識

こんにちは!坂本よしたかです。

せどり仕入れを行い利益を得たい人には、事前に知っておくべき知識が存在します。
ただ仕入れて高く売ろうとしても利益が出ず、失敗の連続ばかりでモチベーションに悪く影響することも考えられます。
知っておくべき知識について以下にいくつかまとめて紹介しますので、興味があれば是非ともチェックしてみてください。

最初に紹介する知識は、せどり仕入れのリスクに関することです。
商品知識が乏しいジャンルから手を出すと、損をしてしまうかもしれません。

たとえば家電製品に詳しくない人が仕入れを行う場合、適正価格がわからず定価より高く仕入れてしまう可能性があるでしょう。
1万円の家電製品を2万円で仕入れた場合、それがそのまま売れ残ってしまえば当然ですが損になります。
利益を出すためには、仕入れ値を上回る価格で売らなければなりません。
しかし特別な事情もなく2万円のものをそれ以上の価格で買いたいと思う人が、果たしているのでしょうか。

事前に商品知識があれば、上記にあるようなリスクを回避してせどり仕入れができるでしょう。
安いものから中心に仕入れてコツコツと利益を確保した方が、たとえ売れ残りがあってもダメージは小さいです。

またせどりは仕入れが9割と言われるほど、どのように商品を仕入れるかが重要になります。
商品を仕入れるための方法は複数存在するため、仕入れから販売までの流れに関する知識も理解しておきましょう。

まず仕入れについてですが、インターネット環境を整えて利用することをおすすめします。
たとえば中古のゲームや本のせどり仕入れを行う場合、近くに中古ショップや古本屋があれば気軽にできるでしょう。
しかしそのような店がない田舎や離島に住む人は、店舗で直接仕入れることができないと思われます。
通販サイトや中古品販売を行うサイトが利用できれば、場所に関係なく仕入れができるはずです。

次に仕入れた商品に値段を付けますが、売れやすくするために無理して安い値段にする必要はありません。
仕入れ値よりも高くすることは当然であり、納品や発送などにかかるコストを上乗せして設定してください。
不当に高く設定しても買い手が現れないかもしれないため、適正価格を大きく上回らないよう注意すべきです。

せどり仕入れの初心者であっても、上記にまとめた知識を事前に理解しておけば成功するかもしれません。
初めてのせどり仕入れで利益が出ればそれを貯蓄せず次の仕入れ費用にし、運用資金をどんどん増やすと良いでしょう。

コメントを残す

*