坂本よしたか

坂本よしたか情報!Amazonさくらレビューの規定が超厳格化

こんにちは!坂本よしたかです。

大手インターネット通販として知られているAmazonでは、ユーザーが商品にレビューを書き込むことができます。本来は商品を購入する前の参考になるものですが、悪質なさくらによる書き込みなどの問題もありました。そこでAmazonはさくらレビューへの対策強化のために、規定が超厳格化したのです。

Amazonのアカウントを持ち日ごろから利用する機会が多い人には、商品レビューポリシーに関するメールが届いたかもしれません。その内容を簡単にまとめると、カスタマーレビューの意図的な操作は禁止するとう内容になります。

もしカスタマーレビューの意図的な操作を行うと、Amazon側からペナルティが課せられる可能性もあります。Amazon側が公式に出している説明の内容によれば、出品権限の永久的な取り下げや売上金の支払い留保の措置が取られます。また今までの商品レビューの削除に加え、レビュー評価機能が制限される場合もあります。

より悪質だと判断された場合は法的手続きが行われ、利用者の名前およびその他関連情報が公開される可能性もあります。アカウント停止だけではなく、社会的な制裁が加えられるのです。

もし誰かにさくらレビューに関する依頼を持ちかけられても、応じないことをおすすめします。依頼に従いさくらレビューを書いてしまえば、依頼者だけではなくあなたにもペナルティが課せられる場合もあるためです。家族や友人などの親しい人に依頼することもさくらに該当するため、すべきではありません。

Amazonを利用してせどりを行っている人は、特に注意した方が良いでしょう。せどりを始めたばかりで自分自身に関する良い評価がない場合、商品を出品しても実績がないため売れない可能性があるでしょう。だからと言ってさくらレビューにより評価を上げようとしても、Amazonにとっては迷惑な話なのです。不正を働くユーザーの数が多くなるとサービス全体のイメージが悪くなり、流動性が失われて損になる場合もあるためです。

さくらレビューを自ら書いても誰かに頼んでも、結局損をしてしまうのは自分自身だと覚えておきましょう。Amazonからアカウント停止の措置を取られたら、せどりの手段が1つなくなってしまうのだと考えるのです。

さくらレビューの被害に遭わないためには、まず自分が悪質な書き込みを行わないことです。自分自身が加害者になってしまうことも同時に防ぎ、Amazonを上手く利用して有意義に資産を増やしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

*